銀の光と碧い空

クラウドなインフラとC#なアプリ開発の狭間にいるエンジニアの日々

Red Hat Container Development Kit を使って、.NET Core on Linux containerを無料で体験する

先日の記事に続いて、Red Hat Developer Programを利用しての無料体験の宣伝です。

developers.redhat.com

.NET Core on RHEL (Red Hat Enterprise Linux Server)はRHELサーバー上でも動くのですが、Container Platform製品であるOpenShift上での利用もおすすめです。Gitリポジトリを指定するだけでContainerを作成して配置、ルーティングまでやってくれるところや、コンテナのスケーリング、死活監視など、.NET Coreアプリを配置する際にいろいろ面倒なところをやってくれます。

developers.redhat.com

ただ、無償でお試しするにはハードルがあり、現状の選択肢としては、OpenShift Onlineの無償枠(Activateされるまで時間かかることも)、Azure上でのTest Drive(短時間のみ)、upstream projectであるOpenShift origin(CentOSで動くが、製品版とは厳密には異なる)などいろいろ条件があります。

そこで今回は、ローカルのWindows/Mac/Linux上でシングルインスタンスで動く、Container Development Kitを紹介して、Windowsユーザー向けに.NET Coreアプリを配置するまでを説明してみようと思います。インストール手順はドキュメントを詳細してもらうことにして、いくつか注意点をまとめていきます。

developers.redhat.com

続きを読む

SQL Server on RHEL でAD認証をセットアップする

SQL Server on Linux はADに参加させた端末からAD認証情報でログインできる機能があります。今回、Azure上に立てたAD DCとRHEL Serverで動作する環境が作れたのでその時の手順をまとめてみました。

docs.microsoft.com

続きを読む

無料のRed Hat Developer Program でSQL Server on RHELを体験してみる

本日10月2日にSQL Server on RHEL がGAされると発表がありました。

blogs.technet.microsoft.com

www.redhat.com

RHELだと試すのにもSubscriptionの購入が必要と思われるかもしれませんが、開発者向けプログラムを使うと無料でお試しすることができます。以前にも記事を書きましたが、ここから登録して使えます。そして、SQL Serverも試すことができます。

developers.redhat.com

続きを読む